チョン・ウソン、詐欺被害金額 40億超える … 先月被害内容陳述     ナム・グンミン “これ以上ドラマでは悪役しない”     パク・ソダム、ソン・ナウン、マカオの二人の少女     
 
MOMOLAND、"デビュー12日目ですが、未だに研究生みたいな感じ…釜山行きのゾンビとドラえもんの声の個人技を磨いた [2016.11.23]
'チェ・ファジョンのパワータイム'に出演したガールズユニットMOMOLANDが独特な個人芸と率直な魅力で、注目を集めた。

22日に放送されたSBSパワーFM'チェ・ファジョンのパワータイム'にはMOMOLANDと歌手のケビン・オーがゲスト出演した。

同日、スペシャルDJのチェ・ガンヒはMOMOLANDに"活動してどのくらいになったの?"と尋ね、MOMOLANDは"もう12日目"と述べ、みずみずしさを目立たせた。

MOMOLANDは"まだ研究生の感じで、実感があまり湧かない"、"デビューして大変だった点は分からない。むしろもっと大変だったらいいのにと考えるべき時期のようだ"と明らかにした。

チェ・ガンヒが"アイドルはデビュー前に何を準備しているのか"と質問すると、MOMOLANDは"デビュー前、個人技の練習時間を個別にやる"と答えた。


すぐにMOMOLANDのメンバーヒェビンは映画'釜山行き'のゾンビの声真似をしたり、アニメ'ドラえもん'のキャラクターを真似したりもした。 また、コンピューターの効果音を真似して笑いを誘った。

さらに今回のタイトル曲'JJan! Koong! Kwang!'についてMOMOLANDは"ある日突然現れた男性に心臓がドキドキとときめく感情を表現した曲だ"と紹介し、即席ライブで可愛くてさわやかな魅力を現した。

これにチェ・ガンヒは"とてもかわいいよ。近いうちに国民の妹、国民のガールズグループが変わるようだ"、激賞して関心を集中させた。