防弾少年団が‘ビルボード・ミュージック・アワード(BBMAs)’で本賞を受賞することができるだろうか。     ‘顔の天才’ファン・ミンニョン、今日も皇帝のファッションは、熱心に仕事中!     BLACKPINK‘KILL THIS LOVE’、韓ガールズグループ初のiTunes1位..ミュージックビデオ8時間で1800万ビュー‘最短’     
 
防弾少年団が‘ビルボード・ミュージック・アワード(BBMAs)’で本賞を受賞することができるだろうか。 [2019.04.16]
防弾少年団が‘ビルボード・ミュージック・アワード(BBMAs)’で本賞を受賞することができるだろうか。

防弾少年団は、5月1日に開かれる‘ビルボード・ミュージック・アワード’トップデュオ/グループ部門の候補だ。
‘ビルボード・ミュージック・アワード’は、1年間のアルバムとデジタル音源販売量、ラジオ放送回数、ストリーミング、公演、ソーシャル参加指数などを集計して候補者と受賞者を選定する。
その授賞式本賞の候補に韓国歌手がノミネートされたのは防弾少年団が初めてだ。


防弾少年団はイマジン・ドラゴンズ、マルーンファイブ、パニックアットザディスコ、ダン・アンド・シェイなど、世界的なグループと真剣勝負を繰り広げる。
防弾少年団の‘ビルボード・ミュージック・アワード’本賞ノミネートは初めてだが、これらにかける期待は格別だ。
防弾少年団は、すでに2017年の2018年と2年連続でトップソーシャルアーティスト賞を受賞した履歴があるからである。
トップソーシャルアーティスト賞は、ジャスティンビーバーが6年連続で独占していた部門であるが、防弾少年団が韓国のアーティストとして初めてこの賞を取り、大きな話題を集めた。

これまで防弾少年団が見せてくれた成果も素晴らしい。

‘2019ビルボード・ミュージック・アワード’では、2018年3月23日から2019年3月7日までのチャート記録をもとに受賞者を発表する。
防弾少年団の場合、‘LOVE YOURSELF轉-tear’と‘LOVE YOURSELF結-Answer’が含まれる。
両方のアルバムはすべてビルボードメインチャートのいずれかであるビルボード200で1位を占め、依然としてロングランしている。
‘tear’のタイトル曲‘Fake Love’は、ホット100の10位、‘Answer’のタイトル曲‘IDOL’は、11位に上がってK-POPの歴史を作った。

米国ビルボードチャートの主要なバロメーターであるSpotifyの順位にも期待するだけのことはある。
ビルボードは、2018年からのグラフにSpotify、アップルの音楽などの有料のサブスクリプションサービスとプラットフォームのストリーミングに発生するプレイに、より多くの重みを置いている。

防弾少年団が12日に発表した新しいアルバム‘Map of The Soul:Persona’のタイトル曲‘小さいものたちのための詩’は13日(現地時間)Spotifyが発表した世界的なトップ200チャート3位に上がった。
前日の4位から順位が上がり、韓国の歌手歴代最高記録だ。
アルバム収録曲も‘小宇宙(Mikrokosmos)’22位、‘akie It Right’26位、‘Home’28位、‘Dionysus’36位、‘Jamais Vu’39位、‘Intro:Persona’50位と初日に続き、韓国歌手初の2日連続全曲が「トップ50」に上がる公式記録を達成した。

今回のアルバムは、例え‘2019ビルボード・ミュージック・アワード’の授賞式集計対象に含まれなくても、Spotifyで著しい成績を出したという点では意味がある。

ビルボード、フォーブスなど現地のメディアはまた、「防弾少年団がアジア歌手としては初めて、Spotifyで50億回のストリーミングを突破した。再び、彼らは自分だけのリーグにあることを証明した。」と絶賛した。
それぐらい防弾少年団が‘ビルボード・ミュージック・アワード’で本賞受賞に成功できるかどうかに初の関心が集まっている。

1989年に開始され、今年で27回目を迎える‘2019ビルボード・ミュージック・アワード’は、5月1日、米国ラスベガスのMGMグランドガーデンアリーナで開かれ、米NBC放送を通じて生中継される。

防弾少年団は、2018年と2019年の2年連続で‘ビルボード・ミュージック・アワード’パフォーマーとして参加、ハルゼーと新しいタイトル曲‘小さいものたちのための詩’の舞台を飾る。