防弾少年団が‘ビルボード・ミュージック・アワード(BBMAs)’で本賞を受賞することができるだろうか。     ‘顔の天才’ファン・ミンニョン、今日も皇帝のファッションは、熱心に仕事中!     BLACKPINK‘KILL THIS LOVE’、韓ガールズグループ初のiTunes1位..ミュージックビデオ8時間で1800万ビュー‘最短’     
 
BLACKPINK 3月末、9ヶ月ぶりにカムバック.."十分期待しても良さそう" [2019.03.18]
ガールグループBLACKPINKが3月末カムバックする。

BLACKPINKが3月末新曲でカムバック、国内活動を始める。
これによりBLACKPINKは昨年6月に発表した‘SQUARE UP’以来9ヶ月ぶりに国内でカムバックをすることになる。
長い空白を破って国内活動に復帰するだけにファンの期待も大きい。

先月YGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク代表は、BLACKPINKの国内カムバックについて
「新曲発表は3月中・下旬に予定している。多数の新曲が収録されたEPアルバムの予定である。」と明らかにし関心を集めた。

ヤン・ヒョンソク代表は「BLACKPINKがデビュー年次に比べて発表曲が少ないため、ファンの最大の望みは、新曲をもう少し頻繁に発表すること、
多くの新曲が収録された正規アルバムを発表すること。それを私もよく共感しており、ファンの皆さんの要求を満たせずにいる点はいつも申し訳なく思っている。」
と述べ、「もちろん新曲をよく発表することも重要なことだが、今BLACKPINKはどれだけ多くのクオリティのある曲と
完成度の高いミュージックビデオを発表するのかが重要な視点だと思います。」と明らかにした。


特にヤン・ヒョンソク代表は、BLACKPINKの新曲にも「TEDDYを通じてBLACKPINKの新曲を初めて聴いた私の反応を思い出してみると、
私が想像していた以上の曲だったので、深い安堵のため息をついた事を覚えています。十分期待しても良さそうです。」と語った。

BLACKPINKは国内はもちろん海外でも多くの関心を受け続けているだけに、今回のカムバックでグローバルな成長を証明することができるものと思われる。

BLACKPINKは3月末の国内カムバックと共に来月から初めての北米ツアーをはじめ、コーチェラ・フェスティバルの舞台に上がるなど、グローバルな活躍を続ける予定だ。