"韓流★2世だ" チョン・ジヒョン妊娠の知らせ、中日も関心の報道     ユ・アイン側"兵役免除受ける…骨肉腫治療 積極的に支援"     '君の名は。'側 "オーディションの決裂はスケジュールのせい"     
 
初のアジアツアー成功裏に終了…'ソロ歌手'テヨンのパワー [2017.06.15]
歌手のテヨンが香港のコンサートを最後に初のアジアツアーを成功的に終えた。

テヨンの初のアジアツアー'TAEYEON solo concert"PERSONA"'はソウルを皮切りに、台北、バンコク、香港などで開かれた。 各都市ごとに売り切れ行進はもちろん、ソロ女性歌手として各種記録を立てたことで、テヨンのチケットパワーとグローバルな地位を再び立証した。

フィナーレを飾った香港のコンサートは先週末2日間、香港アジアワールドエキスポホール10で行われた。 テヨンの優れた歌唱力と多彩な音楽世界を満喫できる公演で二日間一万人あまりの観客を動員した。

今回のコンサートはチケットの前売りで、全て全席売り切れを記録、現地のファンの声援に支えられ、1回の公演を追加して2回で開かれた。 韓国ソロ女性歌手が香港で2回にわたってコンサートを行うのは今回が初めてだ。

テヨンは公演で'Fine'、'Time Lapse'、'When I Was Young'など、正1集の収録曲をはじめ、'I'、'Why'、'ふたご座'などのミニアルバム収録曲まで、多彩なソロ発表曲である舞台を披露し、ボーカリストとしての優れた力量を加減なく見せつけた。 ツアー演出はSMパフォーマンス・ディレクターのファン・サンフンが務めた。

観客たちは、少女時代を象徴するピンク色のペンライトで、公演会場を染めており、多様な韓国語プラカードイベントを展開してテヨンに感動を与えた。