ソユ、13日ソロデビュー…ユン・ジョンシン×no reply×MoonMoon支援射撃     ヒョナ、ブロンド+レッドリップで男心狙撃     ジェジュン、日本東京18000席完売…アリーナの開館初公演の主人公     
 
パク・ユチョン"告訴事件に嫌疑なしで最終終結…反省する"[公式] [2017.03.17]
歌手パク・ユチョン側が強姦など4件の告訴事件と関連していずれも不起訴処分を受けたと明らかにした。

16日、所属事務所C-jes側は"ソウル中央地方検察庁は3月13日、パク・ユチョンに提起された強姦など4件の告訴事件と関連して4件いずれも不起訴処分を下した"と明らかにした。

さらに、"特に江南(カンナム)警察署で性売買の所見で送検された2回目の告訴事件についても全く理由がない、嫌疑無しの処分をする一方、2番目の事件の告訴人に対しては同じ日、ソウル中央地方裁判所に虚偽告訴罪で在宅起訴した。 また、恐喝などで拘束起訴された1回目の告訴事件については、ソウル中央地方裁判所はこの2017.1.17、告訴人ら3人に対して恐喝未遂および虚偽告訴罪を認め、懲役2年などの実刑を言い渡した。 3回目の告訴事件と4次告訴事件の場合は、告訴人たちの行方が不明であり、虚偽告訴罪の捜査が進行されなかった"と伝えた。

そして、"これで、昨年6月から行われたパク・ユチョンや関連されたすべての事件は嫌疑なしで最終的に終結した"と"理由を問わず、パク・ユチョンは、本件で社会的に論議になり大きな愛を受けた者として道徳的な責任感を有していないことに対して心で頭を下げて深くお詫びの言葉を申し上げる。 また、捜査結果を見守りながら最後まで支持してくださった国内外のファンの皆様に深く感謝をしている。 パク・ユチョンは、この事件を公人としての人生を振り返り反省して検討する契機にするだろう"と付け加えた。

[次は公式立場の全文]

ソウル中央地方検察庁は2017.3.13、パク・ユチョンに提起された強姦など4件の告訴事件と関連して4件いずれも不起訴処分を下しました。

特に江南(カンナム)警察署で性売買の意見で送検された2回目の告訴事件についても全く理由がない、嫌疑無しの処分をする一方、2番目の事件の告訴人に対しては同じ日、ソウル中央地方裁判所に虚偽告訴罪で在宅起訴しました。 また、恐喝などで拘束起訴された1回目の告訴事件については、ソウル中央地方裁判所はこの2017.1.17、告訴人ら3人に対して恐喝未遂および虚偽告訴罪を認め、懲役2年などの実刑を宣告しました。 3回目の告訴事件と4次告訴事件の場合は、告訴人たちの行方が不明であり、虚偽告訴罪の捜査が進行されませんでした。

これで、昨年6月から行われたパク・ユチョンや関連されたすべての事件は嫌疑なしで最終的に終結しました。

理由を問わず、パク・ユチョンは、本件で社会的に論議になり 大きな愛を受けた者として道徳的な責任感を有していなかったことに対して心で頭を下げて深くお詫び申し上げます。

また、捜査結果を見守りながら最後まで支持してくださった国内外のファンの皆様に深く感謝致します。 パク・ユチョンは、この事件を公認としての人生を振り返り反省して検討する契機にしたいです。